スバル VIZIV-7”7人乗りSUVの内装”日本での発売はあるのか

モーターショー

スバル VIZIV-7”7人乗りSUVの内装”日本での発売はあるのか
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

2016年のロサンゼルスオートショーにて、スバルが次世代フラッグシップとなる大型SUVのコンセプト「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を世界初公開し話題となっています。

スバル viziv-7 SUV コンセプト

スバルとしては史上最大サイズ(全長5200mm・全幅2030mm・全高1860mm・ホイールベースは2990mm)というミッドサイズSUVは、3列シート7人乗りとなり、2018年に北米市場でローンチ予定の次世代SUVの「サイズ感」を表現するコンセプトカーということで、実際の発売されるサイズとは異なるということです。

スバル viziv-7 SUV コンセプト 価格

出典 http://media.caranddriver.com

このような3列シートのスバル車というと日本では、エクシーガ・クロスオーバー7を思い浮かべるところですが、北米向けとなると「トライベッカ/B9トライベッカ」というモデルが存在していましたね。
2014年でディスコンとなっているトライベッカですが、「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」は、その後継モデルと見ることができるでしょう。
日本国内では発売されることのなかったトライベッカですが、2005年の東京モーターショーで参考出品されたことがあるので、記憶に残っているファンも少なくないかもしれません。

2005年夏に北米市場にデビューした「B9トライベッカ」は、インディアナ州にあるスバルの現地工場SIAにおいて生産されていたモデルになります。

特徴のある前期型では個性的なグリルを採用していたB9トライベッカでしたが、後期型ではオーソドックスな顔にチェンジすると同時に名前も「トライベッカ」と変更した過去があります。

スバル viziv-7 国内

出典 http://o.aolcdn.com

ここであらためて、歴代トライベッカと「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を比較してみると、パッケージングとしては後継モデルといえそうなのですが、スタイリングは北米で支持されているスバル車の流れを感じさせてくれます。もちろん、最新デザインコンセプトの『ダイナミック×ソリッド』によって、アグレッシブな安心感が表現されているのはユーザーを惹きつけて止まないところです。

今回発表されたコンセプトカーが示す次世代のフラッグシップSUVコンセプトは、2018年に北米市場に投入される3列シートのミッドサイズSUVにつながるということで、日本での発売も期待されています。

スバル viziv-7 SUV 内装

出典 http://car.watch.impress.co.jp

装着タイヤもビッグサイズなVIZIV-7 SUV

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ