日本カーオブザイヤー2016受賞の 「スバル インプレッサ試乗」 新型は世界レベル

試乗レポート

日本カーオブザイヤー2016受賞の 「スバル インプレッサ試乗」 新型は世界レベル
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

2016年12月9日に日本カーオブザイヤー2016-2017が決定しました!スバルのインプレッサがイヤーカーに輝いたんですよ。
スバルが日本カーオブザイヤーでイヤーカーを受賞するのは日本カーオブザイヤー2003-2004の「レガシィ」以来となり、実に13年ぶり2度目の受賞となるんです。なお、インポートカーオブザイヤーはアウディA4シリーズが、ボルボXC90にわずか4票差で競り勝って受賞してます。

【一番乗り!】スバル新型インプレッサ2.0 公道試乗

今回の得票は、インプレッサがトヨタ・プリウスを51票差で抑えて競り勝ったのですが、13年前のレガシィも同じようにトヨタ・プリウスを抑えてスバルとして初のイヤーカー受賞だったのです。
現在、スバルにとってトヨタは親会社だが、日本カーオブザイヤーでは親会社の看板モデルであるプリウスに競り勝つのだからインプレッサという車はますます興味深いですね。

2015年はマツダがロードスターでイヤーカーを獲得し、一昨年のデミオと合わせて2年連続の受賞となったわけなのですが、今回のスバルの受賞を含めて考えてみると、この数年は「ブランドの強さ」が反映されていると考えられますね。
事実、いまやマツダとスバルは日本を代表するブランドに成長し、トヨタや日産、ホンダといった3大メーカーに比べると会社自体の規模は小さいものの、大メーカーが実現できていない「個性」や「味」が色濃く表現された魅力的なプロダクトを続々と世に送り出している活気あるブランドでもあるのです。

しかしそれ以上に重要になってくるのはマツダにしてもスバルにしても、そうした情緒的な価値だけでなく、最新テクノロジーを駆使してプロダクトの商品性の高さを高いレベルで実現していることです。

スバル インプレッサ 新型 2016 試乗

出典 http://

みなさんが知っているように、マツダはスカイアクティブという呼称を用いて既存技術の徹底熟成進化に加え、他社が手薄としていたディーゼル・エンジンを主力において車の商品性を高めていますよね。
そしてスバルはCMでもご存知「アイサイト」と呼ばれる運転支援技術を他者に先駆けて展開し、「安全」を主力におき、他がまだ着手できていない部分で商品性を高めてきたのです。
事実、スバルのアイサイトのCMで用いたられた「ぶつからないクルマ?」というコピーは世の中に広く浸透していますよ。スバル以外のディーラーに来たユーザーが「ぶつからないクルマある?」と販売員に聞くくらいそのイメージは強くなっていますね。

スバルの戦略はアイサイトを商品性の主軸に置きつつこの数年、次世代のアーキテクチャにも手してきたのです。その実現こそが今回イヤーカーに輝いた新型インプレッサであるといえます。
このモデルはスバル・グローバル・プラットフォーム(=SGP)と呼ばれるアーキテクチャを最初に用いた車なのです。つまり、次世代スバルの商品群のトップバッターであることを意味しています。

このインプレッサで培ったSGPを使って、今後XVやフォレスター、レガシィといったモデルが世に送り出されて行くでしょう。その意味で今回のインプレッサは、スバルにとって言わずもがなの超重要モデルであったんですね。
いや、このインプレッサが次世代の全ての車の始まりと言え、重要どころか普通に素晴らしい仕上がりで当たり前、が求められる1台なのです。

そこはスバルも当然わかっているところで、このモデルで何を実現しようとしているのか?は相当に練り込まれたはずです。
トヨタの傘の下に位置したことで軽自動車の部門を諦めたために、自社で生産している乗用車で最もコンパクトなモデルはインプレッサということになるのです。そして与えられた使命は次世代のトップバッター。一般ユーザーに手の届く手頃な価格も実現しなければならない一方で、今後の指針となるような英断も必要となってきますね。

スバル新型インプレッサ(プロトタイプ)に試乗

そうした難しい経緯の中で登場したのが今回の新型インプレッサなのです。
実際に試乗し乗ってみると、走り、燃費、安全面で多くの人が驚きを感じるレベルにありました。
テクストや動画で表現してますが、その仕上がりは同クラスの頂点に完全に位置し、世界の自動車の物差しともいえるほどに、VWゴルフと比べても良いのではないか? と確信できるレベルに成長してましたね。

日常で使用される実用車ながらも、到達したレベルは相当に高いですよ。動力性能、運動性能、燃費および環境性能に関しても申し分がなく、やはりスバルが最近得意としている安全の面では、このクラスで世界的に見ても稀有な内容をスタンダードに落とし込んだことが今回の特筆できる部分でしょう。

独自のルームミラーの両脇に、前方へ向けて置かれたステレオカメラによって前方の状況を常に把握して、前走車に追従してアクセルとブレーキをクルマの側で制御しつつ、緊急時などの場合には停止まで行うアダプティブクルーズコントロールや、車線と車線のちょうど真ん中に自車位置を維持するためにハンドル操作を制御するステアリング・アシストまで。
さらに凄いのは、ドライバーから死角になる後側方から接近する車両があればサイドミラー内や音で警告で知らせ、そのような状況で車線変更をしようとした場合にも警告をおこなうリアビークルディテクション等を標準装備としたところですね。

スバル インプレッサ G4 試乗

出典 http://motorcars.jp

言葉にするだけなら簡単に言えるのですが、こうした運転支援の機能は、最近ではほとんどのクルマで採用されてきてはいるものの、実際にはオプションで設定されていて、購入者のほとんどが装着している、という状況でもあるのです。
しかしスバルは今回のインプレッサ開発の段階で、それを完全に標準装備としたのです。これは高く評価できることであると同時に、このクラスはもちろん、現代の自動車における安全装備に対するメーカーの概念に対して、一石を投じた、と言えるわけです。
なぜならこうした装備はライバルも用意はしており、8~9割が装着する事実上の標準装備でありながらもオプション設定で、10~20万円くらいの価格をつけているのが現状。
それをスバル内製の最もコンパクトなモデルであるインプレッサに標準装備したのだから、これは様々な意味で英断であると言えます。

また、今回の新型インプレッサでは、日本車として初めて歩行者用エアバッグを装着したんですよ。
これはどいうものかというと、ボンネットとフロントガラスの間から車外に出るもので、万が一歩行者をはねた場合にエアバッグで受け止めるという機構になります。スバルはこの機構でさえも、インプレッサで全車標準装備としたのだから驚きです。

こうして開く!スバルの歩行者保護エアバッグが画期的

その分のところで、先代モデルから比べると車両価格は微妙に上がっている。が、あくまで微妙というレベルがすごい。先代モデルの最も安いグレードの価格にオプションでアイサイトをつけた仕様よりも安い価格のモデルを、新型で用意したところもスバルの意気込みを感じます。

本来クルマの本質である走る曲がる止まるにおいて、世界定番のVWゴルフと比べたくなる内容であり、その上で安全装備は手を抜かず現在の世界でみてもトップレベルを標準装備したのです。
そうしたクルマが、実に200万円前後で提供されているのです。
しかも大手メーカーではなく、スバルから送り出された…と考えると、すごい良い時代に突入したなといえますね。そしてこの事実をして、日本車もまた世界レベルに到達していけるのでは。

スバルは今回、新型インプレッサ発売までのプロモーションで、愛で作るクルマ、と自らのプロダクトを表現したのですが、なるほどと納得できる車造りの内容です。確かにそこには、ユーザーを思うからこそのこだわりが実現されたと感じますね。

日本カーオブザイヤー 2016 スバル インプレッサ

出典 http://livedoor.blogimg.jp

考えられる全ての安全装備を標準装備としたスバルは素晴らしい。
実際、メルセデス・ベンツEクラスのレーダーセーフティパッケージも標準なのですが、車両価格とクラスを考えるとある意味当然の装備なのです。またアウディA4の運転支援システムも、トヨタ・プリウスのトヨタ・セーフティセンスPも、全ては有償のオプション装備となるから残念。
そう考えると、やはり今年は人のためになる装備を標準化したインプレッサと、スバルの英断を高く評価したかたちですね。

こうしてみると例え小さな日本の自動車メーカーでも、大メーカーと世界に負けない商品性の高さを実現することができることがわかります。そしてそれこそが社会を変えていく力になる、と考えると今年のイヤーカーはスバル・インプレッサだろうと、改めて感じますね。

スバル インプレッサ 試乗して分かる高次元なレベル。

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ