ハイエース「トランポ」荷室にモトクロスバイクも入る、DIYコンプリート

ニュース

ハイエース「トランポ」荷室にモトクロスバイクも入る、DIYコンプリート
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

この聞きなれない「トランポ」とは、ハイエースなどのバンの荷室をDIYなどでカスタマイズし、バイクやサーフィン、釣り、キャンプなど趣味を楽しむためのクルマのことを言うんだそうですよ。
今回は、トランポがどんなクルマなのかをご紹介しました。
ここではトランポを製造する工場を取材してた様子をお伝えしますね!

見てきたのは熊本県の「オグショー827」。トヨタ・ハイエースのほか、日産・キャラバンやスズキ・エブリィなどのトランポも製作している、トランポビルダーになります。

ハイエースからエブリィまで自分に合ったスタマイズを!

製作するトランポのほとんどがオーダーメイドで、お客さんの用途や要望を事細かにヒアリングして設計・製作に取りかかるそう。とはいえ、お客さんにとって最良の1台を作るため、ときには「その装備はカットしましょう」と逆提案をすることもあるとか。

では、ここで制作された車両の一例をご紹介しましょう。オフロードバイクを搭載できるようにしたハイエースと、折りたたみ式テーブルやベッドを搭載した軽自動車のエブリィです。

出典 http://gazoo.com

ハイエース トランポ DIY

出典 http://gazoo.com

荷室のバイクを外に出せば全面がベッドに変わり、かなりゆったりとした車中泊が可能なんですよ!
ハイエース「GLADステップベッドパッケージ」

日常用&トランポ目的でハイエースとかを買って、カートを始めた方がモータースポーツライフを楽しめるんじゃないかと思い始めた。

出典 http://twitter.com

スズキ エブリィ トランポ

出典 http://gazoo.com

画像はコンパクトなスズキのエブリィに長さ1800mmのベッドを搭載した様子。「GLAD small Ponza」。ベッドを畳めばリヤシートも使えちゃいますよ。

エブリィのトランポは、一人で釣りに出かけたり車中泊をしたりするのに最適で、趣味を楽しむお父さんからのニーズが高いそう。普段は4人乗りのエブリィとして使える実用性の高さも魅力です。

出典 http://gazoo.com

さっそくトランポの制作現場に潜入しますよ!

みなさんもあまり目にしたことのないトランポ、どんなふうに製作されているのか。これから工場の中を覗いてみようと思います。
現場の工場内には、見たこともない工具や車種別の治具、さまざまな厚さの板材、床に使用されるシート剤といった様々な素材が並べられてましたよ。ベッドもテーブルまですべてこの工場で作ってるんだそうです。

トランポ 熊本

出典 http://gazoo.com

まさしく工場といった感じで、さまざまな工具や冶具、素材が整然と並んでました。

トランポ 熊本

出典 http://gazoo.com

やっぱり使用箇所によって使う板の材質、厚みは色々あるんですね~。この素材選びひとつにもノウハウがあるそうですよ。

ハイエース トランポ DIY

出典 http://gazoo.com

職人さんがオーダーメイドで作り、すごいのは全行程が手作業ということ!この時はテーブルに使われる板の貼り合わせの最中でした。

ハイエース トランポ DIY

出典 http://gazoo.com

写真のパネルの貼りつけは非常に技術がいるんだそうですよ。これが仕上がりのクオリティを左右します。

ハイエース トランポ DIY

出典 http://gazoo.com

無事に貼り終わったら、カッターで余計な部分を削ぎ落とし、パネルは完成ですね。
むずかしそう~(-"-)

この工場で作られたパネルなどは、ほかのフレームなどと組み合わせ、トランポの装備となってくみたいですね。また車両に使われる床も、凹凸がなくなるようにきれいに加工されます。まるでフローリングのような仕上がりで感心するばかり・・・

ハイエース トランポ 床

出典 http://gazoo.com

上の画像が完成車の一例です。これらすべてが手作業だというから驚きですよね!

自分だけのスペシャルなトランポを作る

ほんとに簡単に製作現場を紹介しました。
いざ製作というところまでに、細かいところまでお客様と打ち合わせを重ねるそうです。「トランポが生活に彩りを与えてくれる存在じゃなければ作っている意味がない」と言う滿木(みつき)社長は、オーダーまでのコミュニケーションを一番大切にしているのだとか。プロの仕事ですね。

トランポ 熊本

出典 http://gazoo.com

「お客様のご要望の一歩先を想像してクルマを作ります」と言う滿木社長・・・さすが!

その人だけに必要なスペシャルな1台を作るため、今まで製作してきた写真や素材サンプル、カラーコーディネートなどなど、思いつくすべての手法を使って発注者と何度もやりとりをするんだそうです。「遠くても一度ご来店してミーティングするケースが多いですね。そこからは、メール・電話などでやりとりします」と滿木社長は真剣に語ります。

ほとんどのクルマは移動手段のひとつにすぎないのですが、それ以上に生活に潤いをもたせてくれる相棒のような存在ですよね。
紹介してきたトランポは特に、趣味を共にするクルマであればなおさら。もし、あなたの趣味がトランポによってさらに楽しめるものであるんなら、理想の1台が欲しいですよね。

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ